ブラシで変わる!ヘアケアからまとまる髪までおすすめのヘアブラシ

ヘアセットが毎朝なかなか決まらなくて、結構な時間を無駄にしている気がするんですよね…

それは髪質も影響してくるけど、ヘアブラシを見直すだけでも違ってくるわよ。
えーっ、ヘアブラシなんてどれも同じだと思って、100円ショップのを使っていますよ。
…、髪がかさつくと静電気も起きやすいから、ブラシを変えるだけでもセットはまとまりやすくなるわよ。
そんなにヘアブラシで違いがあるんですか?
もちろんよ。ヘアケアにも良いアイテムもあるし、セットが簡単に決まるおすすめのブラシもあるから紹介するわね。
本当ですか?助かります。

ボリュームに関係なくヘアセットは毎日のことですが、なかなか思うように決まらなくて手間がかかることもありますよね。
だからって忙しい朝にじっくりと時間をかける余裕が無いと、あほ毛がぴょんとそのままになっていることもあるから手が抜けません。
出勤時に恥ずかしい思いをしたくないなら、ヘアブラシを変えるだけでも手間が変わるから安心してください。
そこで簡単に髪がまとまるおすすめのヘアブラシを紹介します。

ヘアブラシも大事!ヘアケアは洗髪やブローだけでは決まらない

ヘアケアにこだわっている女性の中には、シャンプーやトリートメント、コンディショナーなどだけ良いものを使っている場合があります。
その後のブローの熱ダメージも考えて、ナノイー搭載のドライヤーを使っていることも。
だけどいくら高級なヘアケアアイテムを使ってキューティクルなどをケアしていても、ヘアブラシが安物だとダメージに繋がるから注意すること。
洗髪やブローのアイテムに高級品を使うだけで満足していては、セットが上手く決まらないなど残念な結果になってしまいます。
くせ毛については以下のページにて詳しく説明しています。
原因によって対策も変わる!くせ毛のヘアケア方法


確かに髪を洗う際や乾かすときに良い商品を使うのはおすすめですが、ヘアブラシ一つでも髪質などが変わるので油断できないんですよ。
逆にヘアブラシが安物だと髪をブラッシングする度に静電気が起こってセットがまとまらない、絡んでダメージになる、と苦労する原因になる可能性があります。
しかも髪がまとまらないとブローにも時間がかかって、これもヘアダメージに繋がるから注意すること。

他にも髪の毛が絡むだけではなく切れたりと、直接的なダメージに繋がる可能性が増えます。
枝毛の原因については以下のページにて詳しく説明しています。
枝毛は直らない!?ヘアケアで枝毛や切れ毛の原因ダメージを防ぐ
だからヘアアイテムはどれも値段の安さで選ばないことが大事。
特にヘアブラシは髪の毛や頭皮に直接触れるアイテムだからこそ、安い商品も多いけどヘアケアまできちんと考えて選ぶことがおすすめです。

髪を洗う際はヘアケアを意識するけど、セット時のヘアブラシも重要なアイテムなのよ。
確かにそうですよね。静電気が起こればセットが決まらなくて当然ですよ。

100均とは大違い?!ヘアケアやセットが決まる3つのおすすめヘアブラシ

ヘアブラシは100均でも簡単に購入出来ますし、種類も豊富に揃っていますね。
だから安いアイテムを使っている女性もいますが、ヘアケアやセットのまとまりやすさを考えれば機能性で選ぶことが大事なんですよ!
そこで私がおすすめするヘアブラシを紹介します。
ツヤ髪やまとまりなど、ヘアケアやセットのしやすさで考えれば、良いブラシが一つあると大違いの快適さです。

おすすめその1:気になる髪の静電気が解決出来るヘアブラシ「コイズミ KBE-2400」


コイズミのマイナスイオンリセットブラシKOIZUMI KBE-2400-W(ホワイト)は、マイナスイオンを噴射する機能を搭載しているのが特徴です。
ドライヤーでもそうですけど、やっぱり髪の毛にはマイナスイオンが欲しいですよね。
約6,600回転/分の音波振動で、髪の毛の絡まりを軽減してくれるからブラッシング時のストレスがないのもおすすめポイント。
更に
・約2,000ガウスの強力磁気
・やわらかエアークッション
・プラチナコーティングピン
など頭皮への刺激なども心地よく、ボリュームヘアでも快適に使えるのが嬉しいですね。
音波振動による頭皮への刺激が、ヘアケアとしても便利なブラシになっています。

もちろん髪の毛で発生する静電気についても、髪の毛→ブラシ→身体へと逃がす構造になっているのがポイント。
あなたの髪質がサラサラでも、キレイにまとまるからセットの手間が省けます。
だからロングヘアの場合はもちろん、ショートヘアのあなたにもおすすめのヘアブラシです。

ちなみに型番がKBE-2400/Pのピンクもあるので、お好みで選べるのも嬉しいですね。
動作には単4形アルカリ乾電池2本が必要になりますが、普通のヘアブラシで感じるストレスが経験されるからおすすめ。
値段はAmazonでの販売価格だと6,499円(税込)なので、ヘアブラシとして考えると高額な部類に入ります。
だけどマッサージ効果などの心地よさを考えれば、満足度も高くてコスパが良いヘアブラシです。

おすすめその2:シンプルに使い勝手の良いヘアブラシならTangle Teezer


ヘアブラシの中でもシンプルに使い勝手の良いアイテムを探しているなら、Tangle Teezer(タングルティーザー)ザ・オリジナルがおすすめ。
これは柄を持つタイプのヘアブラシとは違い、本体を持って使うタイプなのが特徴です。
しかも人間工学に基づいたデザインだから、ロングヘアやボリュームヘアでも疲れずに手軽に使えるから便利。

普通の柄を持つタイプだと、てこの原理で疲れて大変なあなたにピッタリです。
しかも狙った部分をしっかりと梳かせるから、ヘアセットの手間も省けます。
ブラシ素材は米国デュポン社が開発した特殊素材なので、髪との摩擦も少なく気持ち良くブラッシングが可能。
頭皮マッサージも考えられた構造なので、ボリューム感に悩んでいるあなたの手軽な頭皮ケアアイテムとしてもおすすめです。

世界70カ国以上でシリーズ累計5000万個以上売れているだけあって、シンプルなのに使い勝手の良さはピカイチ。
カラーは落ち着いた感じのシャンパンロゼの他にピンクフィズやラメの入ったスターリースターリーナイトがあります。
見た目もオシャレだしお値段もAmazon価格で2,000円(税込)とお手頃だから、持ち歩き用としても気軽に使えて便利です。

おすすめその3:コスパと使い心地の良さなら貝印 ミックスクッションブラシ


貝印のミックスクッションブラシは、天然毛の豚毛とナイロン毛のミックスになっているのが特徴のヘアブラシです。
豚毛は髪に艶が出ると人気があり、猪毛などと同様にブラシ用として人気の獣毛系の天然毛ですね。
そこに髪の毛のもつれをほぐすナイロン毛が組み合わせてあるので、髪ツヤとともにセットもしやすいのがポイント。

持ち手は天然木で出来ているから、場所を選ばずに使えるオーソドックスなヘアブラシになっています。
お値段もAmazon価格は848円(税込)と安く、気軽に使えるのが便利。
それでいて100円ショップとは違った満足感が得られるから、髪の艶やまとまりで悩んでいる場合におすすめのヘアブラシです。

ヘアブラシは形にも違いがあるし、機能的にも色々と違いがあるのよ。
なるほど。ブラシにもマイナスイオンがあるなんて、安さだけで選んでいたから知りませんでしたよ。

髪型はこまめにチェック!まとまった髪もくずれると印象が台無しに

髪の毛を出かける前にセットしても、風などですぐにくずれるのも嫌なものですよね。
地下鉄など駅のホームを使うとどうしてもくずれるから、会社に着いたら鏡を見ながらセットし直すことも。
せっかく決まったと思ってもいつの間にか髪型がくずれてしまうから、こまめにチェックすることが大切です。

ヘアケアを頑張ってツヤのあるキレイな髪になっても、くずれてボサボサだと印象が台無しになります。
簡単なヘアケアについては以下のページにて詳しく説明しています。
簡単なポイントでヘアケアの効果は十分に得られる
だから持ち運べる小型のブラシは便利ですが、セットしたと思っても前髪がくずれたり頭のてっぺんにちょこんとあほ毛が出ていることも。
全体的なまとまりはもちろん、しっかりと毛先や頭頂部も忘れずにチェックすることが大事です。
通勤時に多少くずれるのは仕方が無くても、そのままにしないでセットし直せば素敵な印象を与えることが出来ます。

会社に着いてからでもいいから、必ずくずれていないか確認するのよ。
そうですね。どうせならメイクも直したいし、髪についてもまとめてチェックするようにします。

髪を気にしすぎると男性の印象が悪くなるから注意

ヘアセットがくずれているとだらしない印象を与えることになりますが、気にしすぎるのも問題です。
特に男性は女性が髪の毛を気にしていると、興味がない、飽きていると思って悪い印象を持つことがあります。
合コンなどで少しでも良く思われたくて髪の毛を気にすると、逆効果になるから要注意。

だから髪の毛がくずれないようにスプレーなどで固める場合もありますが、逆に固めすぎると髪の毛の動きが変になることも。
更にボリューム感などまで不自然に見えることもあるので、髪の毛全体を固めてしまうのはおすすめしません。
固める場合は部分的にして、コテやヘアアイロンなども使いつつ全体的には自然な印象になるようにセットするのがおすすめです。

ヘアスプレーを使う場合は、あくまでもポイント的に固めるようにね。
固めすぎると髪の動きが変になりますからね。

ヘアスプレーで固めるよりもポイントリペアを使う方が安心

紹介したようなちょっと良いヘアブラシを使えば、髪の静電気も気にならないし絡まりや摩擦ダメージもケア出来ます。
だからまとまりも良くてヘアスタイルが簡単に決まるものの、そのままだと風などですぐにくずれるのが問題。
でもヘアスプレーでガチガチに固めてしまうと、前髪など明らかに不自然になるからおすすめはポイントでケアする方法です。


あほ毛用マスカラとして人気のスタイリングブラシであるplus eau(プリュスオー)のポイントリペアを使えば、前髪の乱れや頭からちょっとはみ出てしまうあほ毛を抑えるのに便利。
マスカラタイプだから手が汚れないので、使用後に手を洗う必要がないのも助かりますね。
しかもブラシは普通のマスカラと違って大きいものの、スプレーと違って簡単に狙ったポイントだけを直せるから使い勝手が良いんですよ。
ジェル状の保湿ケア成分が乱れた髪を周りの長い髪と馴染ませるので、ヘアスプレーで固めるのとは違って仕上がりも自然になります。

全体的なヘアセットには向いていませんが、外出時の髪の乱れを直すのにはおすすめ。
お値段もAmazon価格で1,210円(税込)と安いので、常に持ち歩いておくと安心です。
ちなみにプリュスオーポイントリペアはブラシの形状がマスカラタイプというだけで、白髪用のヘアマスカラとは違うので勘違いしないでくださいね。

スタイリングがくずれないようにヘアスプレーでガチガチに固めると、明らかに不自然に見えるからやらないようにね。
自然にセットしておいて、乱れた部分だけポイントリペアで直せば良いんですね。

余計なムダ毛は脱毛してしまうとキレイに見える

髪のセットやまとまりはヘアブラシを変えるだけでも快適になるから、すぐにでも解消出来る悩みです。
だけどロングをアップにした場合やショートヘアの場合は、うなじが見える機会が増えるので対策が必要になります。
髪はきっちりとセットできていても、うなじにうぶ毛が目立つとだらしなく見えるから注意。

もちろんあほ毛が目立っていては、つやつやの髪でも残念な子と思われますよね。
でもちょっとあほ毛が出来た程度なら、すぐにプリュスオーポイントリペアを使って修正可能。
だけどうなじのうぶ毛は、事前に自己処理をしておく必要があるから急には対応出来ません。

こういった残念な印象を持たれないように、うなじについては脱毛サロンの口コミで比較する人気ランキングを参考に脱毛してしまうのもおすすめ。
髪をアップにした際の襟足からうなじにかけての肌がキレイに見えると、より一層あなたの魅力が引き立ちます。
ショートカットで襟足が常に見えているなら、日常的なうなじの処理をしなくて済むのでメリットも多いからおすすめです。

うなじは自分では見にくい部分だから、気が付かないまま周囲からだらしなく思われていることもあるのよ。
普段は髪の毛でうなじが隠れていても、急に髪をまとめたときに見られてしまいますからね。

ヘアブラシを変えるだけで髪は簡単にまとまる

ヘアセットの際にブラッシングをしただけで静電気が起きると、髪がまとまらなくなって当然ですよね。
でもコイズミ KBE-2400のように、ヘアブラシを変更するだけで静電気をケア出来るから簡単に髪はまとまるようになります。
手間をかけずにヘアセットが決まるから、出かける前に焦らずに済むから便利。
もちろん髪の艶に良い天然毛を使っているものもあるので、ヘアブラシは100円ショップで満足しないこと。

出かけた後のあほ毛や前髪の手直しは、小さくて持ち運びやすいプリュスオーポイントリペアがあれば解決できるから安心してください。
バッグの中に入れておいても邪魔にならないから、1本は入れておくと安心感が違います。
だからヘアセットはスプレーでガチガチに固めなくても、くずれることを気にせず自然な感じで決められるんです。

安くても頭皮マッサージが考えられたブラシも多く、ヘアケアにもピッタリのブラシもあります。
髪が絡むとダメージにも繋がるので、キレイなツヤのある髪を求めているならブラシから変えるのがおすすめです。

ブラシを変えるだけでも、ヘアセットの快適さが変わるのよ。
髪がまとまると気分も良いですし、ちょっとくずれたならポイントリペアで直せば固めずに済むんですね。